車折神社で穢れを払う【参拝記・其の弐】

拝殿が見えたところで、手水舎にてお清め後、拝殿にてお参り
しました。

車折神社拝殿前

本殿の周囲をくるりと探索

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

車折神社本殿前の狛犬さん

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

車折大神の社号額

[/wc_column][/wc_row]

本殿をお守りする、キレイな狛犬さんと

車折大神の社号額。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

八百万神社

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

車折神社本殿横

[/wc_column][/wc_row]

本殿裏には八百萬神社が祀られておりました。

本殿も新しくてキレイな建物でしたよ。

一周した後に発見したのは・・・

人形で穢れを払う方法の説明

箱のなかには人形がいっぱい。

興味津々で説明を読んでみると、

こちらの人形にあなた様の「お名前」、「ご年齢」、
「ご性別」をお書きになった後に息を3回吹きかけて下さい。
これにより人形にはあなた様の分魂が宿り、
神事の当日に神主がお焚き上げをすることにより
日常生活において気付かぬ内に身についてしまった
「罪」、「けがれ」が悉く祓い清められ
「運気」が大いに上昇致します。

穢れを祓ってくれるなんて、ありがたい~と思い、

夫とともにこの説明どおりに書いて

白い箱に人形を納めました。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

穢れを祓う人形

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

人形を納める箱

[/wc_column][/wc_row]

【1枚100円より御随意】 となんと良心的なお焚き上げ料。

この茶色の箱にお焚き上げ料を納めました。

お焚き上げ料を入れる箱

これで、穢れも払ってもらえて、運気が大いに上昇だ~。

と気分上々で、まだ見ていない境内の探索に行きました。

・・・後日談。

家に帰って、撮った画像をモニターでチェックしていて
気がついたことが、ありました。

人形の説明書きを読んでいると

【こちらの人形にあなた様の「お名前」、「ご年齢」、

「ご性別」をお書きになった後に息を3回吹きかけて下さい。

・・・息を3回吹きかける?

(私)ねぇねぇ、人形の穢れのヤツ。息吹きかけた~?

(夫)・・・してない・・・と思う。

(私)・・・私も

なんとおマヌケな夫婦なんでしょ。

穢れは払ってもらえてないかもしれませんね。

また、行かなきゃ~。

車折神社関係、まだまだ続きます。

最後まで読んで下さってありがとうございました。