招き猫はいろんな福を招く開運モチーフ

お店に入るとレジの脇やお店のどこかに招き猫が置いてあるのを

よく見かけることがありませんか?

招き猫

商売繁盛やお客さんを招くパワーにあやかって飾っている

お店はけっこうありますよね。

「福を招く・福を呼び込む」効果の期待される招き猫も、

開運モチーフのウチのひとつなのです。

私も是非、福を呼び込んでもらいたいと思ったので

『招き猫』について調べてみました。

招き猫のルーツは諸説あり

招き猫のルーツの起源はいろいろあるようで

東京・豪徳寺、東京・今戸神社、室町時代の武将・太田道灌を

新宿のある寺に道案内した話、

吉原の人気のある女郎屋に猫の置物を飾っていた話など

諸説あるようでどれが発祥なのかは定かではないようです。

ただ、話の場所が江戸なので江戸の町人によって

招き猫の人気が広まっていったようですね。

招き猫の手の向きは意味があるの?

招き猫は手を挙げています。

右手・左手・両手とそれぞれ手の挙げ方には3つの種類があるようです。

手の挙げ方で意味があるようなので、見ていきましょう。

右手を挙げているもの

右手を上げている招き猫は一般的に、【お金を招く】と

言われています。

左手を挙げているもの

左手を挙げている招き猫は、【人を招く】といわれています。

両手を挙げているもの

両手を挙げている招き猫は、「お手上げ」の状態を表していると

いわれ縁起が良くないという説もあるようですが

【お金も人も呼び込む】とプラス思考に考えましょう。

最近の招き猫はとてもカラフル

元々の招き猫の色は「白」だったのですが、

風水や五行説(万物は木/火/土/金/水の5種類の元素からなるという説)の

影響もあってか、いろんな色の招き猫を見かけます。

【白(三毛・ブチも含む):開運招福のご利益】

【赤:魔除け・無病息災】

【黒:魔除け・家内安全】

【金:財運出世】

【銀:満願成就】

【黄:金運万来】

【ピンク:恋愛成就】

【緑:必勝合格】

【青:健康長寿】

願い事に合わせた色の招き猫を置いておくことで

いろんな福を招いてもらいましょう。

ウチの招き猫はどんな福を招いてくれるのか?

招き猫の挙げる手によって意味があったり、招き猫の体の色によって

招きたい福が違っていたりするなんて、なかなか奥が深い招き猫。

ちなみに、私の家にある招き猫はこちらの2匹。

我が家の招き猫2匹

それぞれの招き猫がどんな意味を持っているのか見てみます。

【1匹目】

1匹目の招き猫

左手をあげて右手には「縁」と書いてあるリボンorおみくじの

くくったもの(?)を持っています。赤い巾着は、外出時など

猫を入れてお守りとして持てるようになっています。

1匹目の招き猫の背中側

背中側には恋愛成就の文字。これは、私が独身の時に買ったものです。

現在は既婚なので、恋愛成就はもうイイのですが。

◎左手を挙げる白猫(三毛)→人を招いて、開運招福 

【2匹目】

2匹めの招き猫

お手上げ状態?いやいや、人もお金も呼び込むため、ですね。

猫の腹には、なすびと鳥の絵が。

2匹めの招き猫の背中側

猫の背中側には、富士山の絵が。

・・・ということは、一富士、二鷹、三なすび、なの?

どう見ても、鷹じゃなくて千鳥だよね(笑)

◎両手を挙げる白猫(ブチ)→人もお金も招いて、開運招福 

・・・というわけで、基本的には開運招福のようです。

お金も人も呼び込んで開運招福してくれることを祈ります。

このブログを読んでくれたあなたに

良いことたくさん起こりますように (^_-)-☆

最後まで読んで下さってありがとうございました。